家の売却は個人で行うよりも不動産会社に任せよう

12月 3rd, 2014

不動産を売却する場合には、個人で買い手を見つけて売却することも可能ですが、その場合希望する価格での売却が難しいケースが多くなります。
個人では親戚や知人などに売却する相手が限られてしまうので、より効率よくそして希望価格に近い金額での売却を考えているのであれば、不動産会社を活用するのがお勧めです。
こちらのサイトでも不動産会社を活用されていますね。
不動産会社に依頼をすることで、売却の流れや取引に関する手続き、税金などに関することについてもアドバイスしてもらうことができます。
不動産売却に関しては、信頼できる不動産会社を選ぶことがスムーズな売却への近道でもあります。

マイホームの買い替えのために不動産を売却する場合には、住宅の購入を考えている不動産会社に売却依頼を行うのもよいでしょう。
この場合では、住宅の売却が住宅購入の条件となるので、不動産売却に関しても積極的に進めてくれることでしょう。
不動産会社の横のつながりも広くなってきているので個人で不動産売却をすすめるよりも早く売却することができるでしょう。

葬儀の事前準備は大切

11月 12th, 2014

身内の突然の死亡の場合に、あまりに突然だったために、悲しんでいる状況などなく、バタバタしたまま葬儀が終わったとか、予想以上に葬儀費用がかかったとかいうことはよくあることです。
後から納得がいかないなどということを避けるために、事前準備をしておくことが大切です。
事前準備をしておけば、葬儀に関する疑問などもじっくり納得いくまで聞くことができたり、自分の希望を葬儀社に前もって伝えておくことで、故人も希望どおりの葬儀をしてもらうことができます。
また、意外と決まらないのが香典返しです。
香典返しはカタログギフトにする事も視野にいれておきましょう。
>>カタログギフト人気

香典返しもカタログギフトにするケースがずいぶんと増えてきました。

熟年起業について

11月 12th, 2014

熟年起業と言う言葉があります。
定年退職後、一念発起して起業する人たちを指して言います。
定年して何もすることが無いような人生って、どうなんでしょうか?
悠々自適もいいですが、挑戦する心を失わないようにしたいものです。
もちろん、退職金を全部つぎ込んで大きなリスクをとっての起業は危険です。
しかし、小資本のスモールビジネスならそれほど危険はないものです。
長い人生の中で自らが培った力をこの際、試してみるのも良いのではないでしょうか。
経験、人脈、資本などは熟年者のほうが豊富なはずです。
慎重さも若者よりは上のはず、当然、判断力も優れていると思います。
あのときやっておけば良かったなんていう後悔する人生だけは避けたいものです。

引越しとトラック

11月 6th, 2014

引越しはトラックをレンタルして行いました。引越し業者に頼んでも良かったのですが、引越し先の家がわりと近い位置にあったため、自分でやったほうが早くて安いのではと思ったのです。
トラックはネットで借りられるところを探して、一番安いところから借りました。費用は数千円程度だったのですが、他の業者と比較した中では安いほうではないかと思います。
運転したのは私ではなく、私の家族が運転しました。私は運転免許を持っていないため、荷物をトラックの荷台に積んで降ろしてという作業を行いました。
引越し業者に頼む場合はまずは見積もりをとってもらってだいたいの相場をつかんでおきましょう。
参考:引越し業者 見積もり

様々な引越し業者に見積もりを出してもらい費用に納得した上で業者に頼むのがベストです。

夢のステップアップ

11月 6th, 2014

人にはそれぞれやりたい夢があると思います。
「外国に行きたい」「カルチャースクールに通いたい」「起業したい」
…等々、いろいろあるはず。
もし、今やりたいことがあるなら、我慢せずにやったほうが良いと思います。
一度きりの人生ですから、何も遠慮することはありません。
人はこうしたとき、やらない理由を探してしまうものです。
「有給が取れない」「時間がない」「お金が無い」
…などが典型的です。
でも、そんなことをしていてもつまらないです。
どうやったら、出来るのかを考えたほうが有益です。
一つの夢が叶うと、今度は別の夢が見つかります。
そうやって夢もステップアップするのです。
夢をステップアップさせるためにも、どんどん夢は実現させるべきなのです。

自己破産で困ること

10月 26th, 2014

ドラマや小説の中でよくでてくる自己破産。
なんだか全てを失ってそのあとの人生は夢も希望もないように思っている人も多いようですが、それは全く違います。
自己破産は借金苦で自殺を考えるくらいまで追い詰められてしまった人を救済する意味合いが大きい制度なので、人生の再出発ができることを前提としています。
デメリットとしてよくいわれる会社にバレて首になるとか、身ぐるみはがされるといった話は単なるデマです。
価値換算で20万円を越える資産は没収されますが、生活必需品は残されますし、免責が降りたあとに手に入れた資産は全く問題なく自分のものになります。
弁護士や警備員などある種の職業に就くことができないのも免責が下りるまでで、一時的なものです。
自己破産の他にも任意整理という手段もあります。任意整理は自己ハンさんと比べると生活の制限が少ないのが特長です。

グレーな過払い金

10月 26th, 2014

多数の消費者金融から借金をしているいわゆる多重債務に陥っている人の中には毎月利息を返すだけで精一杯で、元本がまったく減らないなんていう人も多いようです。
そのひとつの原因といわれていたのが利息制限法を越えた金利、いわゆるグレーゾーンというものです。
出資法での利息の上限は29.2%なので、これを越えると刑事事件として罰せられることになります。
そのためこの上限は守られていました。
それに対して、利息制限法で定められた20%はこれを越えても刑事罰がないことが原因でおこっていたことです。
本来20%を越える金利は払わなくても良いわけですが、消費者金融各社は29.2%の出資法ギリギリで設定しているのでその分余計に払っていたことになります。
2010年6月から出資法も利息制限法も上限が20%に改正されたので、過去に長い期間借金を返していた人ほど過払いの可能性が大きいのです。

珍しい名字の印鑑について

10月 26th, 2014

珍しい名字の印鑑は普通にはなかなか売っていません。
メジャーな名字の場合には100円均一などでも気軽に印鑑を買うという事もできますが、珍しくなかなか売っていない名字だという方はとても困っているのではないでしょうか。
しかし、最近ではネットから印鑑を作るという事もできますから、そういったものを上手に活用していけば、珍しい名字の方でも困ってしまう事なく、かなり気軽に印鑑を作るという事が可能だと思います。ネットで作る際には種類も色々と選ぶ事ができます。
実印などしっかりしたものも作成してもらえます。
実印作成

実印作成は今やネットでも簡単にできるようになりました。

遠距離恋愛は無理をしないのが長続きの秘訣

10月 15th, 2014

映画やドラマで描かれる遠距離恋愛のカップル。
うまくいくものもあれば、気持ちが離れていってしまうものもあります。
遠距離恋愛が破局に終わる原因にはいろいろありますが、お互いに疲れてしまった、相手または自分が浮気したというのが上位を占めるのではないでしょうか。
車で片道5時間の距離を毎週末のように相手に会いに行ったりすると、「愛だね?」と言われそうな行為ですが、これが重なればさすがに疲弊してしまいます。
このように「会いに行ける距離」というのは、遠恋が続けられるようでいて一番大変な状態なのかも知れません。
いっそ外国にでもいてくれた方が、「会いに行く」という衝動を抑えられていいのかも。
相手が「会いにいける距離」にいる場合は、お互いに無理をしないのが一番です。

職場恋愛はツライよ??

10月 15th, 2014

世の中には、職場恋愛を経験したことがある人って多いものです。
職場には、それだけたくさん恋愛のチャンスがあるということ。
プライベートだけでなく、仕事のときにも相手の姿を見ることができる、近くにいられるというのは職場恋愛の大きなメリットですが、反対に職場恋愛ならではのデメリットもあります。
例えば、仕事とはいえ相手が他の同僚と話している姿に遭遇すると嫉妬してしまったり、いらぬ疑いを抱いてしまったり。
同じ職場内でライバルが現れたり、2人の交際が周囲にバレてしまったりということがあると、厄介極まりない状況になります。
そして、最悪なのは別れてしまった場合。
ずっと一緒にいたい2人には、職場恋愛はこれ以上ないシチュエーションですが、やってくるかもしれない修羅場には相当な覚悟が必要なのです。